周防大島のグリーン・ツーリズム

 周防大島町においては、緑豊かな農山村で、自然・文化・人々との交流を楽しむ滞在型余暇活動=グリーン・ツーリズムを推進し、「ふるさとは宝島、人がつなぐ周防大島グリーン・ツーリズムの推進」を目標として、本町の多様な地域資源を余すところなく活かして、「人と農業」、「人と自然」、「人と文化」などの関係性を重視して、住民自らが取り組む心地よい周防大島づくりへ取り組み、生きがいと経済効果の創出によるまちづくりを進めていきます。
周防大島グリーン・ツーリズムの展望

周防大島におけるグリーン・ツーリズムの方向性を示す計画書として、平成17年1月から1年間のワークショップにより検討を重ね、平成18年3月に策定されました。
 この計画書は「ふるさとは宝島、人がつなぐ周防大島グリーン・ツーリズムの推進」を目標として、本町の多様な地域資源を余すところなく活かして、「人と農業」、「人と自然」、「人と文化」などの関係性を重視して、住民自らが取り組む心地よい周防大島づくりへ取り組むというものです。
周防大島グリーン・ツーリズムの展望(概要版)(PDF形式)
周防大島グリーン・ツーリズムの展望(PDF形式)
周防大島グリーン・ツーリズム実行委員会

 周防大島におけるグリーン・ツーリズム推進の中心組織として、平成16年11月25日に発足しました。
 この実行委員会はグリーン・ツーリズム実践計画の策定やグリーン・ツーリズムの普及啓発などに取り組む組織で、グリーン・ツーリズム実践者など22名で構成しています。
周防大島グリーン・ツーリズム実行委員会規約(PDF形式)
平成19年度第1回 周防大島グリーンツーリズム実行委員会の概要(PDF形式)
平成20年度第1回 周防大島グリーンツーリズム実行委員会の概要(PDF形式)
平成20年度の取り組み

自然と人の営みの中で培われた知恵や匠の技は、郷土の誇りある産業・歴史・文化として築き上げられ、地域の貴重な資源としなっています。周防大島グリーン・ツーリズム実行委員会では、これら地域が持つ資源を活かした交流を「周防大島ツーリズム」と呼ぶよう申し合わせました。
 本年度は、「周防大島ツーリズム」として地域の皆さんに活躍していただくため、次の主な事業を予定しています。

○ 農家漁家民宿開業支援講座の開催
○ 試験的に民間の情報センターを設置
○ 他団体との連携

平成20年度事業計画
・農家漁家民宿開業支援講座の開催
・体験交流を実施する団体等の募集
・交流協力店の募集
・情報センターの民間委託モデル実験